cello’s room

漫画の感想と妄想

【暁のヨナ】第193話「寵遇の代償」ネタバレ感想と妄想

\↓↓読者登録よろしくお願いします♬/

第193話の感想

 

前回のブログは1か月続いたから、今度はもう少し長くやりたい・・・

あれもこれもと手を付けすぎたので、好きな作品に絞って感想書いていこう。

 

以下、ヨナ193話の感想です。

 

 

少しずつヨナの知らない、スウォンと両親たちとの確執がヨンヒの手記によって明らかになっていきました。

 

それにしてもヨンヒがヨナの大人びた姿に見えるのはなぜだろう、、叔母だから?

そしてユホンがハクと被る、、、何が言いたいかって、美しいの一言ですぅ、、

正直言ってしまえば、ビジュアルや性格もイル&カシよりユホン&ヨンヒ、、すみません。

 

それにしてもスウォンがかwwwwwっわいいんですがどうすればいいですか!?!?!?!?!?!?

いかつい皇太子の息子は天使・・・どうしようもなくキュンとします。

 

でもでもやってくるのはシリアスな展開。

神官を虐殺したユホンとその事件の原因となってしまったヨンヒ、そして被害者のカシと神官を崇拝していたイルとの確執は修復不可能なものに。

 

龍王の末裔はヨンヒ、そしてスウォンだけれど、緋龍王の生まれ変わりはヨナ。

これはなぜ??????

神官を崇拝していた二人と何か関係があるのか、たとえば復讐のために緋龍王を呼び出す儀式をしたとか、それは怪しい展開だからナシか←

 

今後の展開は、ヨナが生まれる、カシが賊に襲われ殺される、ユホンがイルに毒殺される、ヨンヒが緋龍の呪いで命を落とす・・・?え、、、何この救われない展開・・・。

そしてこの因縁(?)は子供の代まで引き継がれてしまうんでしょう・・・。闇

 

みんなが幸せになれた世界は無かったのかと悔やまれます。

まあユホンの性格が非道だからしょうがないのかも、、と思いつつ。

だからこそ、スウォンとヨナ、ハクは過去のシガラミを断ち切って昔のように仲良く高華国を導いていく未来が見たいです。

とにかく、スウォン死なないで。

 

 

暁のヨナ 32 (花とゆめコミックス)

暁のヨナ 32 (花とゆめコミックス)

 

 

193話後の妄想

いつもならユホンとヨンヒの妄想が捗るところですが、過去編ということもあり、どーうしても救われない展開と分かってしまっているので、どんなにラブラブな妄想をしても暗い気持ちになってしまいます・・・。

ゼノとカヤも然り。死ネタは本当に無理、泣いちゃう・・・。

 子スウォンのような癒し場面に期待します!

 

◆カシが女の子を出産した。両親の黒髪を受け継がない赤い髪をした女の子。赤い髪の誕生に緋龍王の生まれ変わりとの声が城中で上がる。時期王はユホン様なのに、緋龍の末裔はスウォンなのに、と城の動きに違和感を覚えるヨンヒ。ユホンよりもイルが王に即位したほうが、国政を操れると考えた者がイルを利用しようと企んでいた。

 

◆ジュナム王崩御、遺言からイルを高華国王にすることが決定。ユホンは「弟を支えるのが俺の役目」と言い聞き入れる。

 

◆5歳になったスウォンはヨナのことを妹のように可愛がった。お互い、両親がいる前で仲良くするのは好ましくないことを子供ながらに感じ取っていたため、いつも内緒でスウォンがヨナの部屋まで遊びに行っていた。ヨナもスウォンによく懐いた。ヨンヒはそのことを知りつつも、子供たちに罪は無いと口出せずにいた。

 

◆ある日、城の公式行事に参加するとスウォンと同い年くらいの少年がいた。気だるそうに参加している少年・ハクにスウォンは話しかける。最初はスウォンの質問攻めに辟易していたハクだが、どこか抜けているスウォンを放っておくことが出来なくなり、隣にいることを許したようだった。それからハクが城へ来る度に二人はあらゆる話をして、時には手合わせをして過ごした。スウォンは心の底からハクを慕っているように見えた。ヨンヒはこの二人が政治に巻き込まれず、永遠に変わらない関係でいられることを願った。

 

◆しかしイル派のユホン排除の動きが高まる。国内で不穏な空気が流れる中、カシが賊に襲われ殺される。ユホンに恨みを持った者の犯行とされ、気の狂ったイルはユホン一家を城の外へと追い出す。ヨンヒは身分を捨てて家族だけで静かに暮らしたいとユホンへ告げるが、国と弟を守れるのは自分しか居ないから、とヨンヒの希望を断る。ヨンヒは嫌な予感が拭えないまま、城の外で残り僅かな家族の時間を過ごす。

 

◆その後イル派がユホンを毒殺する。イルは兄を殺すつもりは無かったと涙ながらにヨンヒへ告げたが、私が居なければ兄弟が殺し合うこともカシを失うことも無かったと自分を責め続けた。悲しみに明け暮れたヨンヒは緋龍の病が進行していたこともあり、ユホンの後を追うように幼いスウォンを残して死を選んだ。どうか、スウォンは幸せに生きられますように、と。

 

あれ、暗い。全然救われてない。。。スミマセン

いやでも本当にもう、みずほ先生物語が深すぎます。。。

どうか!この手記からスウォンとハクが歩み寄れる何かが見つかってくれ!!!

 

子供が両親の仇を取るために苦しまないといけないなんて辛すぎる!!!

 

次回!8月5日!!!!待てない!!!!!!(死)

 

www.cellokd.com

 

暁のヨナ関連の記事は以下から↓↓°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖° 

暁のヨナ カテゴリーの記事一覧 - cello’s room